秋に収穫する竹の子『四方竹』。幻の四方竹レシピをご紹介。

高知県の秋の風物詩『四方竹』
秋に取れる竹の子『四方竹』。とっても珍しいこの竹の子は、高知県の山間部に生える竹の子です。県内では秋の風物詩として、食卓に並びます。ここ数年、食品の保存技術が上がり、量は少ないものの、県外にも出荷できるようになってきました。当記事では、四方竹の美味しい食べ方をご紹介いたします。




 

高知土佐山名産の四方竹とは

四方竹は中国南部が原産の竹です。明治10年ごろに高知に入ってきたと言われています。竹の切り口が四角形に見えることから四方竹(しほうちく)と呼ばれます。高知県中央部の山間部で栽培され、秋のわずかな時期にしか収穫できない、日本でもかなり珍しい竹の子です。春に旬を迎える竹の子とは大きく違い、細長くて綺麗な黄緑色をしています。

四方竹の間引き

四方竹
 

高知県内で楽しめる四方竹が全国区に!

採れたてを味わえるのは、10月初旬から約1ヶ月間の短い期間のみ。食感はシャキシャキとした独特の食感で、高知県人に昔から愛されています。しかし傷みやすいく、高知県外への流通は長らく叶いませんでした。その為、幻の竹の子とも言われています。夢産地とさやま開発公社では、ボイルしてから出荷するまでの低温管理を徹底することで、賞味期限を延ばし、近年安定した品質での県外発送を可能にしました。

四方竹の加工
皮剥いだ後のサイズ調整し、その後四方竹を10度以下の冷却水で一晩アク抜きをします。
 

四方竹料理のご紹介

四方竹の太さは、太い物は500円玉くらい、細い物は鉛筆ほどです。太い四方竹は、中に寿司飯を詰めて竹の子寿司に。細い四方竹は、人参等と甘辛く炒めたり、お好みで更に唐辛子を加えピリ辛炒めにもお勧めです。また最近寄せられるレシピでは、天ぷらやサラダ、おでんに入れるなど、様々なシーンでご利用いただけます。
 

簡単!美味しい!"四方竹のピリ辛"

四方竹のピリ辛炒め

材料(4人前)

  • ゆでた四方竹(300g)
  • 油(大さじ2)
  • 砂糖(大さじ2)
  • 醤油(大さじ3と1/2)
  • ごま油(少々)
  • 七味唐辛子(少々)

作り方

  1. ゆでた四方竹は斜め薄切りにする。
  2. 鍋を熱して油を入れ、四方竹と砂糖・醤油を加えて味付けし、汁がなくなるまで炒める。
  3. 最後に、ごま油を回しかけ七味トウガラシで味を調える。
 

食感がたまらない!"四方竹の天ぷら"

四方竹の天ぷら

材料(4人前)

  • ゆでた四方竹(200g)
  • 衣(卵小一個、冷水カップ1/4、小麦粉カップ1/2)
  • 揚げ油(適量)
  • 天つゆ(水カップ1、みりんカップ1/2、醤油カップ1/2、削り節カップ1/2、昆布5cm)

作り方

  1. ゆでた四方竹は、5?巾の斜め切りにする。
  2. 衣は冷水と卵を合わせて、よく溶きほぐし、ふるった小麦粉を入れさっくりと混ぜる。
  3. 四方竹を衣にからませ、160〜180℃の油でからっと揚げる。
  4. 天つゆの材料を鍋に合わせてひと煮立ちさせ濾す。
    *ポン酢にもよく合います。
 

イモバルで提供している"四方竹のおでん"

四方竹のおでん
 

四方竹を使った加工商品

四方竹の水煮(¥1,080[税込]/200g)

足が早い四方竹を真空パックにすることで、賞味期限を半年にする事ができました。今まで旬の時期しか味わえなかった四方竹をお正月も味わえます!
四方竹の水煮
 

四方竹のこだわり味噌(¥864[税込]/1瓶)

四方竹入りの贅沢おかず味噌は、ご飯によく合うピリ辛味。そのままご飯の上に乗せて召し上がり下さい。冷奴の上にのせる食べ方もオススメです。
四方竹のこだわり味噌